雑談の中でもどうでもいいこと

嫁さんね、とっても二k機いいのを書きますよ。
なんかね嫁はね、いいの。文章書かせても何を書いてもいいの。
んー
私は何を書こうかね。こうやって頭の中ダダ漏れのことしか書けないわ。
こういうのはさ、考えちゃだめよ。
感覚でやるのよ。
あ、またいつものごとく、主語がない。私の言葉には主語がなかなかない。
馬鹿だからかなあ。あるいは相手に何かをちゃんと伝えようとする気持ちがないのかも、ね
独りよがりなのよ。生き方も自分さえよければいいのよ。ええ、私はそういう人。
でもね、私はね、政治家で一人本当に尊敬している人がいる。またそういうことを書くとだめかもしれないからね。

また、話を買えます。
前に、川口駅校内のパン屋でね、挙動不審の人がいた。パンをさわっていてね、店員なのかと思ったらただの変態よ。
無礼者よ。
そしたら店員は注意してないの。おらたちは本当にびっくりしたみたい。

そんなパン屋でパンを買えるか。とんでもないパン屋だ。

また、いろいろ書いたけど許してくれいい。