海外で殺す殺されるという憲法違反の武力行使

自衛隊に課せられる新たな夢ですけれどもまず戦争法の一部である海底 pk 法に基づいて自衛隊から離れた場所で襲撃されている他国の戦争要因の喉に駆けつけて駆けつけ警護を行うということが想定されています
それから自衛隊が出演しているところの協同病院をを想定しています
つまりこれまでの自己防衛を完全に声て任務遂行のための武器使用が可能にされています
つまり海外で殺す殺されるという憲法違反の武力行使に至る危険性が大いに高まっています
南スーダン pko への11月への派兵されるその恐ろしいことが実際に起こってきています
誰かを殺すために自衛隊に入ったわけではない誰かに殺されるために自衛隊に乳がんして入ったわけではないそれなのに戦争を行ってしまって海外で殺し殺されるそういう危険性が出てきた自衛隊員本当にその家族を含めてどれ程の不安と恐怖に駆られているか分かりません
そんなバカなことを本当に必死で食い止めるためにこれから国会論戦が必要となってきます