猫の存在

名古屋に行ったらそれはそれは楽しいかもしれませんだけど、その間私たちの猫が本当に本当に寂しい孤独な思いをするかと思うと私はやっぱり、心が苦しくてなりません
私の猫はこんなにまでも私たちがいないこと、特にお嫁さんがいないことに対してものすごくものすごく不安に思っています
やっぱりいきなり私の愛する嫁さんが猫にとって愛するお母さんがいなくなったら、どんなにどんなに不安になることかと思います
それほどまでに猫にとってみたら私たちの存在は大きいのです
そのことを思うと私の弟の事をふっと思いました
私の弟にとってお父さんお母さんの存在はあまりにも大きいので、そのお父さんお母さんと話されていきなり施設にいかされて、しかもずっと迎えに来れなかったらどれほど絶望することでしょう
猫の場合は私たちは必ず帰ってくるのであり必ず帰ってくるのであって、そのことがきっと希望になってくれると思います
たけど弟にはどんな希望があるというのでしょう
そのことを考えると本当にかわいそうでなりません